汗のニオイは体調のサイン

汗のニオイは体調のサイン

汗のニオイの変化は、体調の変化でもある可能性があります。病気によって汗のニオイに特徴があります。

 

最初に日々の生活の環境の変化からくる体調の変化と汗のニオイについてみてみます。
忙しい現代社会ではストレスはつきものです。そんなストレスがたまると、油が酸化したような皮脂のニオイで、ストレス臭と呼ばれます。また、過労で慢性的な疲労から汗に乳酸が出てくるとやはり皮脂のニオイとさらにアンモニア臭が強くなります。

 

女性に多いことですが、極端なダイエットをする方がいます。運動しないで極端なダイエットをすると、甘酸っぱいにおいがすることがあります。これをダイエット臭といいます。同じ匂いがする病気として、糖尿病があります。どちらも共通の原因として、代謝が完全燃焼していないために、ケトンたいという匂いの物質が生成され、汗とともに流れ出ます。

 

どうでしょう、体調の変化が、汗のニオイの変化に現れることがあります。注意したいですね。

 

さらに、病気によってもニオイの特徴があります。
気になる口臭などはどうでしょうか、口腔の病気や胃腸系の病気では、卵が腐ったようなにおい。呼吸器系の病気では、肉の腐ったようなにおいがします。

 

先ほども出ましたが、魚臭症候群という代謝系の病気ではその名の通り魚の腐ったようなにおいがします。また、腎臓や肝臓が悪いと尿素が汗に交じって出てくるので、アンモニア臭がします。おしっこもアンモニアの臭がしますね。

 

ワキ汗のニオイ

匂いがするのってやはり抵抗がありますよね。

 

よくワキガの人が、ニオイの原因は、ワキ汗だからワキ汗をかかなければ匂いもしない。というのを聞いたことがあります。

 

私は手汗がすごいので、どうなんでしょう。

 

自分で手汗の匂いをかいでも、臭いなって思わないんです。
講習もそうですけど、自分のニオイってよくわからないですよね。

 

ひょっとして、私の手汗もほかの人が臭いなって感じていたら、最悪。
ワキガと一緒で、手汗もかかなければ匂いしないですよね。

 

だったらやっぱりファリネをつけて、手汗をぜがひでも抑えないとです。
毎日たくさんファリネしちゃいます。

 

おちんちんも汗をかきます。
アポクリン線が多いせいか、その汗の匂いは独特です。
特に勃起したときのおちんちんの汗の匂いは特に強く感じます。

 

あまり勃起しない人には、おすすめ勃起薬があります。
ぜひファリネと一緒にお試しください。